ここでは、仙台市内での事例をご紹介します。

 

キャリアアップ助成金

① 美容業をさてれいる企業さまで従業員数は30名です。

 

② 助成金を活用するに至った背景事情
従業員が定着しないことに悩んでおり問題点の洗い出しを行ったところ、待遇に問題があるのではないかとの結論に至った。

そこで、待遇の改善を進めようとしたところ、弊社が進める改善内容に合致する助成金があると教えていただき、キャリアアップ助成金(正社員化コース)の活用を行った。

 

③ このキャリアアップ助成金(正社員化コース)を受ける場合には下記等の要件を満たす必要があります。

支給対象事業主から転換する場合は、雇用される期間が通算して6か月以上の有期契約労働者であること。(※1)

支給対象事業主に雇用される期間が6か月以上の無期雇用労働者であること。
(下記(※2)に該当するものを除きます)

 6か月以上の期間継続して派遣先の事業所その他派遣就業場所ごとの同一の組織単位における業務に従事している派遣労働者であること。

 

(※1)有期労働者から転換する場合は、雇用された期間が3年以内の者に限ります。)

(※2)支給対象事業主が実施した有期実習型訓練(人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)によるものに限ります。)を受講して、修了した有期契約労働者等であること。

 

中途採用等支援助成金(生涯現役企業支援コース)

① 情報サービス業をされている企業さまで従業員数は8名です。

 

② 助成金を活用するに至った背景事情

会社を立ち上げたばかりだが、仕事が順調の為、社員を雇うことにした。

希望として即戦力となる経験豊富な人材を採用したいと考え、採用活動をしようとしたところ、活用できる助成金を教えていただき、中途採用等支援助成金(生涯現役企業支援コース)の活用に至った。

 

③ この中途採用等支援助成金(生涯現役企業支援コース)を受ける場合には下記等の要件のうち2つ以上に該当している必要があります。

起業者が、国、地方公共団体、金融機関等が直接又は第三者に委託して実施する創業に係るセミナー等の支援を受けていること。

起業者自身が当該事業分野において通算10年以上の職務経験を有していること。

企業にあたって金融機関の融資を受けていること。

法人又は個人事業主の総資産額が1.500万円以上あり、かつ総資産額から負債額を引いた残高の総資産額に占める割合40%であること。

 

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

① 飲食業をされている企業さまで従業員数は15名です。

 

② 助成金を活用するに至った背景事情

アルバイトを多く雇用しているが、すぐにやめてしまい、少人数での営業が続き、社員の残業が多い状態だった。

そのため疲れがたまることにより集中力がなくなり事務処理のミスが多くなるという問題があった。

そこで残業による負担軽減するため事務処理を機械化にしたいと考えていたところ、それに合致する助成金を教えていただき、時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を活用することに至った。

 

③ この時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を受ける場合には下記等の要件を満たす必要があります。

労働者災害補償保険の適用事業主であること。

次のいずれかに該当する事業場を有する事業主であること。

勤務間インターバルを導入していない事業場

既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が当該事業場に所属する労働者の半数以下である事業場

既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業場