工場、倉庫、店舗、事務所など、宮城県内の事業所に新エネルギー設備を導入する事業者の皆様に対して、設備導入にかかる費用の一部を助成いたします。(平成28年度内に完了する事業が対象となります。)

新エネルギー設備導入支援事業補助金の概要(リーフレット) [PDFファイル/385KB]

手続きの流れ [PDFファイル/166KB]

・審査は、太陽光発電については書類審査、太陽光発電以外の設備については庁内審査委員会で、それぞれで分けて行い、それぞれ予算の範囲内で交付決定を行います。

・庁内審査委員会では、環境負荷の低減効果、実現可能性、事業遂行能力、エネルギーの多様性・地産地消等を総合的に審査し、申請内容が確実かつ効果的に実施されると見込まれるものであると認めるときには、予算の範囲内で交付の決定を行います。審査においては、別に定める宮城県新エネルギー設備導入促進アドバイザーの意見を聴く場合があります。

詳細については、以下の運用をご確認ください。

新エネルギー設備導入支援事業補助金の運用について [PDFファイル/595KB]

2.補助対象設備

宮城県内に設置される、下記の新エネルギー設備

(1)太陽光発電 (2)風力発電 (3)バイオマス発電 (4)水力発電 (5)地熱発電 (6)太陽熱利用 (7)温度差エネルギー利用 (8)バイオマス熱利用 (9)雪氷熱利用 (10)地中熱利用 (11)ガスコージェネレーション (12)燃料電池 (1)~(5)の対象設備と併せて導入する蓄電池

 

※規模条件等詳細は下記URLよりご確認ください。

 http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s/h29sinene.html

3.補助対象者

下記の条件を満たす法人その他の団体(市町村及び一部事務組合を除く。)又は県内の住所地、居所地又は事業場等の所在地を納税地として青色申告を行っている個人事業者

  • 宮城県内に事業所を有する(予定を含む。)こと。
  • 全ての県税に未納がないこと。
  • 過去3年間に交付決定を受けた新エネルギー設備導入支援事業を中止し、又は廃止していないこと。
  • 過去3年間に交付決定を受けた新エネルギー設備導入支援事業に対し、交付決定の取消しの処分を受けていないこと。
  • 県が運営する「みやぎe行動(eco do!)宣言」の登録をし、又は登録の申請をしていること。

 「みやぎe行動(eco do!)宣言」のウェブページはこちらです。

4.補助対象経費

設計費、設備費、工事費、その他経費

※詳細は下記URLよりご確認ください。

http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s/h29sinene.html

5.補助率

  • (1)の対象設備(自家消費するもの): 1/3以内(県内産パネル使用の場合 1/2以内)
  • (2)~(12)の対象設備: 1/2以内
  • (1)~(5)の対象設備と併せた蓄電池: 1/3以内

6.補助限度額

  • (1)の対象設備: 500万円
  • (1)の対象設備と併せて導入する蓄電池: 500万円
  • (2)~(12)の対象設備: 2,000万円(ただし,(2)の小型風力発電設備(売電・20kW未満)については、1,000万円)
  • (2)~(5)の対象設備と併せて導入する蓄電池:(2)から(5)の設備と併せ,補助限度額を上限とする。

※国等の補助金と併用して申請する場合、補助対象経費に係る全ての補助金の合計が、補助対象経費の2/3を超えることはできません。なお、県の他の補助事業又は市町村が実施する「みやぎ環境交付金」を活用した事業との併用はできません。

受付期間

平成29年4月12日(水曜日)から平成29年5月26日(金曜日)まで 

申請書提出先・問い合わせ先

・月曜~金曜(祝日及び年末年始は除く。)
 【午前】8時30分~12時まで 【午後】13時~17時15分まで

・環境政策課 環境産業振興班(電話022-211-2664)

※代理・代行申請は受け付けていませんので、必ず申請者ご自身で申請してください。
※申請書をお持ちくださる場合,または申請にあたって相談がある場合等,事業者の皆さまが直接来庁される場合には,
必ず電話等にて事前にアポイントメントをお取りくださるようお願いします。(事前のご連絡がない場合,お待たせする場合があります。)