「うちが助成金をもらえるなんて知らなかった・・・」

 

このような経営者の声をよく聞きます。

 

助成金は、雇用保険の適用事業所であればほとんど業種を問わず活用できるものです。

しかし、「ちょっとした事を知らないばかりに本来もらえるはずの助成金がもらえなくなる」という事態も多数発生しています。

 

ここでは、「助成金活用のポイント」から「目的別の助成金」まで解説していきます。

 

 

助成金活用のポイントから目的別の助成金について

助成金を大きく2つに分類すると、「雇用関係の助成金」「研究開発型の助成金」に分かれます。

 

「雇用関係の助成金」は、雇用保険に加入している企業が払っている雇用保険料から支払われているので、企業側からすると国に資金を積み立てているようなものです。

 

従って、助成金の受給要件にあてはまるのに、助成金を申請しないのは非常にもったいない話です。

 

 

助成金を貰うためには、以下のポイントを抑えておくことが重要です。

 

①助成金に振り回されないこと

助成金をもらうために制度を作ったが、結局要件に当てはまらずに受給できなかった・・・

ということもあります。助成金目当てに○○しようではなく、○○するために助成金を活用しようというスタンスが大切です。

 

助成金をもらうために、会社本来の活動がおろそかになってしまってはいけません。

 

 

②申請期限に注意

原則として、申請期限を過ぎての申請は一切受け付けられません

また、例えば中小企業労働環境向上助成金は前の段階で計画書を提出していないと申請できないなど、タイミングを間違えてしまうと貰えない助成金もありますので注意が必要です。

 

 

申請をして初めて貰える

一部の助成金を除き、助成金に該当するとの連絡はありません

ですから、会社自身で申請できるかどうかを確認し、その上で申請をしなければなりません。

その為、日頃から助成金の最新情報をチェックしておく必要があります。