生涯現役社会の実現に向けて、高年齢者の雇用環境の整備や労働移動の受け入れを行う事業主に助成金が支給されます。

 

高年齢者活用促進コース

<支給金額>

最大1,000万円

※「高年齢者の活用促進のための雇用環境整備の措置」に要した費用の3分の2(大企業は2分の1)

 

<支給要件>

①新たな事業分野への進出等

 

②機械設備の導入等

 

③高齢者の雇用管理制度の整備

 

④70歳以上まで働ける制度の導入

 

高年齢者労働移動支援コース

高年齢者の円滑な労働移動を実現するため、定年を控えた高年齢者などを、ハローワークまたは職業紹介事業者の紹介により、失業を経ることなく雇い入れる事業主に対して助成金が支給されます。

 

<支給金額>

雇い入れ1人につき70万円

 

<支給対象>

①定年等により元の会社を離職する前に、定年予定者等との労働契約を締結する事業主

 

②ハローワークまたは職業紹介事業所の紹介により、当該対象者を雇い入れる事業主

 

③当該対象者を65歳以上まで雇用することが見込まれる事業主

 

④資本金、資本、人事、取引等からみて、移籍元事業主と密接な関係にない事業主

 

※出展:

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/kounenrei_katsuyou.html